春一番の秘密とは?いつ頃?基準や風向きなどの条件、風が吹く仕組みも解説【チコちゃんに叱られる!】

2020年3月27日金曜日にNHKで放送された

「チコちゃんに叱られる!」の内容が、

「春一番の秘密」という普段あまり考えたことがなかった話題だったので、

紹介したいと思います。

春一番といえば、春に吹く強めの南風くらいしか思わなかったのですが、

けっこう細かい基準や条件があったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

知っているようで知らない、風が吹く仕組みとは?

風はなぜ起こるのでしょうか?

それは気圧の差です。

風は空気が気圧の高い所から、低い所に移動することによって起こります。

地球には色々な環境があり、上昇気流と下降気流がおきて気圧の差が生じます。

それが低気圧(上昇気流)と高気圧(下降気流)となり

高気圧⇒低気圧に空気が移動して風になります。

※たまに低気圧は温度が高く、高気圧は温度が低いので温度差で風が吹く

と書いてある所がありますが、間違いです。暖かい夏の高気圧や温度の低い低気圧もあるのです。

身近なところで私たちの呼吸も

息を吐く時は、横隔膜などによって肺の体積が小さくなり、

肺の中の空気が圧縮されて気圧が外気よりも高くなり

肺(高気圧)⇒体の外(低気圧)のようになり息を吐きます。

春一番の条件とは?

春一番の基準は地域によって多少異なりますが、

気象庁によると関東の場合は

  1. その年の立春(2月4日あたり)~春分(3月20日あたり)の期間内に
  2. 日本海に低気圧があり
  3. その低気圧にむかって南の高気圧から強い南風が吹き(風向きは西南西~東南東から最大風速8m/s以上)
  4. 前日とくらべて気温が上がる

以上の条件がそろった最初の風を「春一番」としています。

なんかけっこう厳しいんですね。(;^ω^)

なので春一番が吹かない年もあるらしいです。

春一番の秘密とは?

春一番とは「死を招く怖い風」

(;゚д゚)ゴクリ・・・

とっても怖い風だったのです。

1859年3月17日に春一番の発祥の地、

長崎県、壱岐島(いきのしま)の郷ノ浦港(ごうのうらこう)にて

漁に出ていた漁船が春に吹く強風に見舞われて転覆し、

53名もの死者がでる大惨事がおきます。

この事故によって、集落に70軒あった家の半数以上が

一家の働き手(男性)を失ったとされています。

そんな大事故が起こっていたとは知りませんでした(;^ω^)

現代の春一番のイメージとはかけ離れていますね。

スポンサーリンク

全国に知れ渡ったきっかけは?

その後、民俗学者の「宮本常一」(みやもとつねいち)さんが

俳句の季語として「春一番」という言葉を「俳句歳時記」(はいくさいじき)で紹介しました。

それから気象庁が「南の強風」や「春を呼ぶ嵐」など

全国で表現がバラバラだった春の強風の名称を

  • 春先に吹く強風⇒「春一番」

と国民に周知したのです。

本当は怖い風なのに今では陽気なイメージ、その理由は?

1976年にリリースされた

キャンディーズの「春一番」という曲が大ヒットしたため、

本当は怖いはずの春一番が明るいイメージになってしまいました。

春一番
Amazon Musicでキャンディーズの春一番 をチェック。Amazon.co.jpにてストリーミング、CD、またはダウンロードでお楽しみください。

この曲を作詞作曲した「穂口雄右」(ほぐちゆうすけ)さんによると

「春一番が吹くとそのあとに春が来る、

その春がとっても待ち遠しいイメージで曲を書いたが、

その後にそういう意味の言葉ではないという話を聞いた、

しかし、とくにまわりから異論が出てこなかったので」

とのことです。(;^ω^)

春一番の秘密まとめ

「春の訪れを告げる風」みたいな、陽気なイメージだった春一番ですが、

こんなに恐ろしい過去があったんですね。(;^ω^)

普段なんとなく使っていた言葉ですが大変勉強になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました