柿の種の謎!形の由来や商標登録、元祖はどこの会社?【チコちゃんに叱られる!】

2020年3月13日の午後7時57分からNHKで放送された

チコちゃんに叱られる!」で紹介された。

柿の種の謎!柿の種は何故この形になったのか?

という話題が、なかなか面白かったので紹介したいと思います。

柿の種は私も大好きで、お酒のつまみや、小腹が空いた時など

小袋に入った柿の種をついつい食べてしまいます。(^ω^)

お米なのでグルテンフリー!ピーナッツも入っているのでタンパク質も豊富!

私は「ワサビ味」が一番好きですね。

そんな柿の種はどこの会社が最初に作ったのか?

柿の種の独特な形や名前の由来などを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

柿の種は総称

「柿の種」って色々な会社から出てますよね?

商標とか大丈夫なのかな?と思いますが、

柿の種とはあの三日月型をしたおせんべいの総称で、

柿の種の元祖である新潟の「浪花屋製菓株式会社」(なにわやせいか)

が商標登録をしておらず、誰でも使える名称なのです。

浪花屋製菓、太っ腹ですね。(^ω^)

今の形になった由来は?

柿の種の元祖である「浪花屋製菓株式会社」の創業者

今井與三郎(いまいよさぶろう)さんは、当時

もち米で作った、小さい小判型の型で抜いたせんべいを販売していました。

しかし、あまり売れ行きは良くなかったようです。

ある時、奥さんの「今井さき」さんが

誤って小判型の型を踏みつけてしまい、

いびつな三日月型に変形させてしまったのです。

よさぶろうさんは「しょうがないなあ」と言いつつ歪んだ型を使い続けました。

そんな変な形のせんべいを見たお客さんが

「そのせんべい、柿の種みたいな形だね」と言ったことから

商品名が「柿の種」になったのです。

※「浪花屋製菓株式会社」は新潟県長岡市の会社です。新潟では細長い形で種も細長い「筆柿」(ふでがき)がポピュラーらしく、色々な偶然が重なっていますね。(^ω^)

さらに、当時は珍しかった

スパイスを加えることでピリ辛な味に仕上げた所、

変わった形名前のインパクトもあり爆発的に売れたそうです。

柿の種の謎!柿の種は何故この形になったのか?まとめ

奥さんのうっかりと、それを物ともせず

歪んだ型をそのまま使い続けるよさぶろうさんのおおらかさ(;^ω^)

たまたま新潟でポピュラーだった種の細長い「筆柿」

そして、お客さんの言った一言

たくさんの偶然が積み重なって

「柿の種」は生まれたんですね。

とってもほっこりとするお話でした。(^ω^)

なんだか柿の種が食べたくなってきませんか?

Amazon.co.jp: 柿の種
Amazon.co.jp: 柿の種

コメント

タイトルとURLをコピーしました