鼻に水が入ると痛いのはなぜ?【チコちゃんに叱られる!】

2020年4月3日金曜日にNHKで放送された

「チコちゃんに叱られる!」

「鼻に水が入ると痛いのはなぜ?」という

当然のことだけど、言われてみればなんでだろう?

と思う話題が上がったので紹介したいと思います。

花粉の季節は鼻うがいをしたりしますが、

真水で洗うとめちゃくちゃ痛いので、

面倒だけど、体温と同じぐらいの温度の塩水を用意しますよね。

その理由が今解き明かされる!(; ・`д・´)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩分が0.9%じゃないから!

ジャーン!いきなり答えが!

水が鼻に入って痛いのと痛くないのでは、塩分濃度が関係しています。

人の体は6割が水分で出来ています、体液の塩分濃度は0.9%です。

そこに塩分濃度が違う水が鼻に入ってくる⇒痛い

となります。

なぜ痛いの?

鼻の中にはたくさんの神経があります。

たしかに鼻って匂いをかいだり、

小さなゴミが入っただけでくすぐったかったり、

とても敏感ですよね。

その神経の細胞は「細胞膜」(さいぼうまく)という膜に包まれています。

そして、細胞膜は「半透膜」(はんとうまく)という性質を持っています。

半透膜は名前のとおり、透過性があり水を通します。
そして、細胞の内側と外側の水分を同じ濃さにするために、水を移動して調整します。

鼻に体液よりも塩分濃度が低い水が入ってくると、

細胞は半透膜の働きによって、水を取り込み膨らみます。

細胞は水を取り込み過ぎると破裂してしまうので、

危険を知らせるために、「痛い」という信号を脳に送ります。

それが、あの「ツーン」とした痛みとして感じるのです。

スポンサーリンク

TRPA1が原因?

その痛いという信号を送る働きをするのが

「TRPA1」(トリップエーワン)という

神経の細胞膜の表面にあるセンサーです。

プールで目がしみるのも、目の粘膜にあるTRPA1が反応しているからです。

ちなみに、鼻水で鼻が痛くないのは、

鼻水の塩分濃度が0.9%のためTRPA1が反応しないからです。

 逆に0.9%よりも濃い塩水の場合はどうなるの?

今度は逆に体液の塩分濃度よりも

濃い塩水が鼻に入るとどうなるのでしょうか?

先ほどとは逆に

細胞の中の水分が半透膜の働きで外に出てしまい、

細胞が縮んでしまいます。

そして、やはりツーンとした痛みがおきます。

たしかに海に潜った時に鼻に水が入ってくると、

やっぱり痛いですもんね。(;^ω^)

が、こちらの場合はまだ詳しい原因が解明されていないそうです。

鼻に水が入ると痛いのはなぜ?まとめ

鼻に水が入ってくると痛いのは

  • 人間の体の体液と塩分濃度が違うから
  • 体液の塩分濃度0.9%よりも濃くても薄くてもやっぱり痛い
  • 細胞の表面にあるTRPA1が脳に「痛い」という信号を送っている

日本人の研究チームが発見した

「TRPA1」(トリップエーワン)というセンサーが

仕事をしていたんですね。

ふ~ん( ^ω^)・・・

という感じですが、勉強にはなりましたね。

鼻うがいをやる時は塩分濃度0.9%でやりましょう。

Amazon | ハナクリーンS ハンディタイプ 鼻洗浄(鼻うがい) 150ml 日本製 | ハナクリーン | ドラッグストア
ハナクリーンS ハンディタイプ 鼻洗浄(鼻うがい) 150ml 日本製がドラッグストアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました